紹介する TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

手足の痛み | 腰痛・肩こり改善が得意 | 健笑堂はりきゅう整骨院 | 大在・鶴崎・大分市

お問い合わせはこちら

手足の痛み

腱鞘炎

施術前後の効果を実感できる接骨院をお探しの方は、ぜひ大在・鶴崎の実績№1の整骨院なら健笑堂へお越しください。

日本人は継続的な仕事が最も多いと言われ、それをできるだけ耐えてやり抜こうとする強い意志を持っています。特に日本人は手作業が非常に多いこともあって、手に関する不具合もかなりの頻度で発生することでしょう。その中でもメジャーなのが腱鞘炎でして、症状が悪化すれば指で物を掴むことさえも不便になって行きます。大分市・大在・大在駅の健笑堂はりきゅう整骨院では、このような症状に関して悪化の予防のための早期の施術をオススメしています。
腱鞘炎が悪化した場合に特に影響を受けるのが親指になりまして、ばね指などに発展すれば日常の仕事は言うまでも無くプライベートでも大きな支障となっていきます。発症当初はそれほど酷くないこともあって、多くの方が放置する傾向にあるでしょう。しかし、これが仇となって、気が付けば症状がかなり悪化していたということも珍しくありません。大分市・大在・大在駅の健笑堂はりきゅう整骨院では、腱鞘炎を進行させないために手や腕そして肩の骨格などの矯正を進めます。
腱鞘炎とは腱と腱鞘の間に起こった炎症を指す言葉です。手指に起こる「ばね指」、足部に起こる「アキレス腱炎」が有名な腱鞘炎の一種です。
普段は腱鞘という鞘の中を通っている腱ですが、通常は摩擦がなく手指の屈曲は滑らかに動くことができます。その部分になんらかの炎症が起こっていると腱鞘のすべりが悪くなり摩擦が生じてしまいます。そのとき痛みとして感じることになります。この炎症の起こる原因としては、使い過ぎ(オーバーユース)があります。手や指をたくさん使う職業関連から起こるものもありますが、事務作業や家事、介護、乳児のだっこなどからも起こり得ます。
指は腱によって曲げ伸ばしをすることができます。手を握ったりする強い力を発揮する筋肉は前腕にありその力を腱が伝えます。その通り道で指を曲げる屈筋腱が浮き上がらないように押さえているのが靱帯性腱鞘(じんたいせいけんしょう)と呼ばれるものです。丁度、その構造はベルトとベルト通しの関係に似ています。
この靱帯性腱鞘は指の部分にありますが、それが終わる指の付け根付近に力がかかり炎症を生じます。その部分の腱や腱鞘が炎症を起こし、“腱鞘炎”になり、さらに進行すると引っ掛かりが生じばね現象が起こります。 これを“ばね指”と呼んでいます。
指の付け根で屈筋腱と靱帯性腱鞘の間で炎症が起こると、腱鞘の部分で腱の動きがスムーズでなくなり、指の付け根に痛み、腫れ、熱感が生じます。 朝方に症状が強く、日中は使っていると症状が軽減することも少なくありません。 進行するとばね現象が生じて“ばね指”となり、さらに悪化すると指が動かない状態になります。
ホルモンバランスの乱れやすい更年期の女性、妊娠出産期の女性に多く生じます。手の使いすぎやスポーツや指をよく使う仕事の人に多いのも特徴です。糖尿病、リウマチ、透析お客にもよく発生します。母指(親指)、中指に多く、環指、小指、示指にもよくみられます。
アキレス腱炎とは、アキレス腱はふくらはぎの下部に存在し、ふくらはぎにある腓腹筋・ヒラメ筋とかかとの骨とを結ぶ非常に太く長い腱です。アキレス腱は筋肉の様に伸び縮みをすること無く、ふくらはぎの筋肉の収縮を足のかかとに伝え、足関節の底屈(つま先を下げる)運動を行う役割をしています。背伸びをする際や、歩く・走る際の蹴り動作において主に負荷がかかります。
アキレス腱自体の障害をアキレス腱炎と呼び、アキレス腱を覆い腱の滑りをよくして、腱への栄養を供給する組織であるパラテノンの障害をアキレス腱周囲炎と呼びます。両者は同時に損傷することが多く、どちらの損傷か明確に区別しにくいことや、また原因・施術法なども同一であることから、特に区別せず同じ扱いで述べられることもあります。陸上競技、サッカーなどの走る競技やバレーボール、バスケットボールなどの跳躍競技に多く見られるスポーツ障害です。
症状は アキレス腱に腫脹が見られます。痛くない方のアキレス腱と比べて腱が太く肥厚します。ひどいと熱感や発赤が見られます。初期の段階では走れないことはありませんが、運動終了時や朝の起きがけ時に痛みが現れます。ひどくなると安静時にも痛みを感じます。足関節の背屈(つま先を上げる)時に痛みが増強します。
ばね指、アキレス腱炎共に炎症を起こしている状態なので痛みがあるまま競技、生活を続けていても治りません。
大分市・大在・大在駅の健笑堂はりきゅう整骨院は、ご多忙な方でもお気軽にお越しになれるように10台分の専用駐車場をご用意しています。週末土曜日も七時まで受け付けていますのでお気軽にお問合せください。

接骨院とは、柔道整復師という国家資格を有するスタッフがお客さまの怪我や不調に合わせて専門施術を行っている施設です。骨折や打撲、挫傷、脱臼などの怪我をはじめ、腰痛や膝痛、肩こりなど慢性的な不調に対しても適切な施術を行うことが可能です。怪我や不調を速やかに解消したい方は、ぜひ大在・鶴崎の実績№1の整骨院なら健笑堂へお越しください。

当接骨院では、スタッフ全員が柔道整復師の国家資格を有しておりますので、お客さまのお体にもっとも必要とされる専門施術を厳選して行うことができます。他の施術施設で不調がなかなか解消されずお困りではありませんか?お辛い症状をそのままにしておくと、回復が遅れてしまうケースもございます。大在・鶴崎の実績№1の整骨院なら健笑堂で、患部に本当に必要な施術を始めていきましょう。

当接骨院では、お客さまのお体に合わせた施術を行っていきます。保険外施術を強要するようなことはもちろんございませんし、お子さま連れの女性の方にも気兼ねなくご来院頂ける空間作りに取り組んでおります。婦人科系疾患の緩和や解消に効果的な鍼灸施術も行っておりますので、ぜひ大在・鶴崎の実績№1の整骨院なら健笑堂でお辛い症状をしっかり取り除いていきましょう。

腱鞘炎のお客様の症例報告をさせていただきます。
O様 30代女性 

原因…家事での繰り返しの作業により負傷

症状…運動痛、圧痛、熱感、腫脹

施術法…GP股関節矯正、ネオテクトロン、ハイボルト、テーピング、鍼灸施術

1ヶ月後

運動痛、圧痛共に軽減。

熱感、腫脹は微減。

2ヶ月後

運動痛、圧痛消失。

熱感、腫脹消失。

アイシングの指導や、鍼灸により炎症を早期に取り除くことができました。
やはり家事は大変ですね(-_-;)無理せずまた何かあれば相談してくださいね(^^)/

O様完治までありがとうございました。​

動画で解説 腱鞘炎



ヘルニア

施術前後の効果を実感できる接骨院をお探しの方は、ぜひ大在・鶴崎の実績№1の整骨院なら健笑堂へお越しください。

接骨院とは、柔道整復師という国家資格を有するスタッフがお客さまの怪我や不調に合わせて専門施術を行っている施設です。骨折や打撲、挫傷、脱臼などの怪我をはじめ、腰痛や膝痛、肩こりなど慢性的な不調に対しても適切な施術を行うことが可能です。怪我や不調を速やかに解消したい方は、ぜひ大在・鶴崎の実績№1の整骨院なら健笑堂へお越しください。

当接骨院では、スタッフ全員が柔道整復師の国家資格を有しておりますので、お客さまのお体にもっとも必要とされる専門施術を厳選して行うことができます。他の施術施設で不調がなかなか解消されずお困りではありませんか?お辛い症状をそのままにしておくと、回復が遅れてしまうケースもございます。大在・鶴崎の実績№1の整骨院なら健笑堂で、患部に本当に必要な施術を始めていきましょう。

当接骨院では、お客さまのお体に合わせた施術を行っていきます。保険外施術を強要するようなことはもちろんございませんし、お子さま連れの女性の方にも気兼ねなくご来院頂ける空間作りに取り組んでおります。婦人科系疾患の緩和や解消に効果的な鍼灸施術も行っておりますので、ぜひ大在・鶴崎の実績№1の整骨院なら健笑堂でお辛い症状をしっかり取り除いていきましょう。現在において日本経済を支える肉体労働者は数多くいますが、その多くは腰のケアが不十分なままに仕事を続けています。その結果として椎間板ヘルニアを慢性的に発症してしまうことも多く、日常業務に差し障りがでるほど悪化することも多いです。この症状は椎間板が物理的に外部に突出した状態になってしまい、それにより筋肉との摩擦で痛みを生じてしまいます。大分市・大在・大在駅の健笑堂はりきゅう整骨院では、これらの症状の徹底改善を進めて行きます。

椎間板ヘルニアは腰痛や坐骨神経痛と密接に関係があります。もしかしたら、長年の腰痛や足の痛みなどの症状は詳しい検査をしたら椎間板ヘルニアかもしれません。
人の体は、脊椎(いわゆる背骨)が支えています。脊椎は、部位によって頸椎、胸椎、腰椎、仙椎、尾骨と呼ばれます。これらの脊椎の前方に椎体があり、椎体と椎体の間に椎間板がありクッションの役割をしてくれています。
「ヘルニア」という言葉は、椎間板ヘルニア以外にも、さまざまな病気の名前に付いています。例えば、鼠径(そけい)ヘルニア、臍(さい)ヘルニア、食道裂孔(しょくどうれっこう)ヘルニアなどがあります。この「ヘルニア」というのは、体の中の臓器などが、正常な位置から「脱出・突出」した状態をさします。
鼠径ヘルニアは腸が鼠径部(太ももの付け根)に脱出した状態で、いわゆる脱腸と呼ばれるものです。臍ヘルニアは同じく臍の部分で脱出したいわゆる出べそです。というわけで、椎間板ヘルニアは椎間板の一部が正常な位置から外へ突出した状態なのです。
椎間板は椎体と椎体の間にあります。ゼラチン状の髄核と呼ばれる部分と、その周囲にはコラーゲンを豊富に含む線維輪と呼ばれる部分からできており、ある程度の弾力があります。人間は二足歩行のため、脊椎と脊椎にはさまれた椎間板は重力の負担を多く受けます。悪い姿勢での動作や作業で椎間板への負担が大きくなりヘルニアが起こりやすくなります。
椎間板ヘルニアの典型的な症状は「痛み」と「しびれ」です。どこに痛みやしびれが出現するかは、脊椎のどの部分で椎間板ヘルニアが起こっているのかによって違います。頸椎椎間板ヘルニアの場合は、頚や肩、腕~手に症状が現れます。胸椎椎間板ヘルニアは頸椎や腰椎に比べ少ないのですが、下肢に症状が出ます。腰椎椎間板ヘルニアが一番多く、腰やおしり、下肢にかけて痛みが発生し(坐骨神経痛)、しびれも生じます。

椎間板ヘルニアの痛みは神経との摩擦が主な原因と思われているようですが、実際はこり固まった筋肉で痛みを増幅していることが知られているのです。よって、こりを解消することができれば痛みの発生が非常に少なくなって行くでしょう。そのため、整体施術に関しては椎間板周辺筋肉へのマッサージを進めることが非常に効果的で、大分市・大在・大在駅の健笑堂はりきゅう整骨院では椎間板ヘルニアの症状への保存療法と整体マッサージをご提供しています。

大分市・大在・大在駅の健笑堂はりきゅう整骨院は基本的にはご予約優先で施術をしていますが、予約外の時間のご相談も受け付けていますのでお気軽にお問い合わせください。

ヘルニアで来院された方の症例報告です。
大分市K様
原因・・・度重なる中腰の姿勢により腰部に過負荷が加わり負傷。
症状・・・熱感、腫脹、伸展痛、起床時痛、左大腿部にしびれ。
傷病名・・徒手検査により腰部椎間板ヘルニアと診断。
施術法・・GP股関節矯正、ネオテクトロン、冷罨法、腰椎矯正、ストレッチポール。

一か月後
熱感、腫脹消失。伸展痛、起床時痛軽減。左大腿部しびれ残存。
ストレッチポール開始。
二か月後
伸展痛軽度残存。左大腿部しびれ軽減。
三か月後
伸展痛消失。左大腿部しびれ消失。

七月上旬に大事な用事があるということで、そこを目標に施術を開始しました。
こちらのお願い通りのペースで来院していただけたので症状は無くなり目標に間に合いました。
K様完治までありがとうございました。

動画で解説 ヘルニア



オスグッド

施術前後の効果を実感できる接骨院をお探しの方は、ぜひ大在・鶴崎の実績№1の整骨院なら健笑堂へお越しください。

子供は走り回るのが好きですが、中学校・高校になりますと激しいスポーツをする機会も多くなりますので体への負担も大きくなります。とりわけ、脚への負担は非常に大きいので怪我をするリスクも高まって行くでしょう。その中でもオスグットと呼ばれる膝小僧下の出っ張りによる痛みは、この年代でも非常に多くなっています。大分市・大在・大在駅の健笑堂はりきゅう整骨院では、この膝の症状に関して若い世代からの施術をすすめていきます。 
【オスグッド・シュラッター病】
サッカーやバスケットボールなどのスポーツをする中学生や高校生に多く見られる、膝の脛骨が出っ張って痛むという骨軟骨炎である。オスグッド・シュラッター症候群ともいう。
多くのお客は、膝の脛骨の付近の痛みや膝裏の痛みを感じる。様々なスポーツでジャンプや屈伸を行うことにより、大きな衝撃が膝(脛骨)付近に生じ、脛骨粗面付近に炎症が生じる。脛骨粗面に存在する骨端核に機械的牽引力がかかることに起因するとされる。このため10 – 15歳の活発な発育期の男子に多く発生し、運動時に症状が強く現れる。
【オスグッドの原因】
オスグッドになってしまう一番の原因が大腿四頭筋の緊張によるものです。
この筋肉は、主に跳んだり、踏ん張ったり、なにかを蹴ったり、しゃがんだりとスポーツをする上で負担が大きい筋肉です。
この筋肉を使っていくと、筋肉がどんどん緊張状態になっていきます。緊張状態とはつまり縮んで固くなった状態です。
大腿四頭筋が縮んで固くなると、付着部の脛骨粗面をつねに引っぱる状態になります。
骨というものも常に代謝をしていて、中の成分が毎日作ったり壊されたりを繰り返しています。そのなかで常に牽引された状態だと、だんだんと剥離していき、骨変形を起こします。そして外から見たときに膨隆してみえるのがオスグッドというものです。
成長期の子供はとくに骨がまだ成長段階にあり骨端軟骨が存在するので、この影響を受けやすいのです。
①過度な運動
スポーツをやっている子に関して、練習量が多すぎて、その子の筋肉量を超えて使ってしまい、筋肉が固くなりオスグッドを引き起こします。
(もともと筋肉量が少ない子なんかは、その運動強度に耐えられない。)
②ストレッチ不足
ケアが不足していることによるもの。筋肉は使うと縮みます。そしてそのまま放置しておくと緊張状態が続き、固くなっていき、オスグッドを引き起こします。
なのでストレッチをして縮んだ筋肉を伸ばしてあげる必要があります。しかしスポーツ後にめんどくさくてストレッチをしない子が多いのが現状。
予防策として運動後に簡単なストレッチを習慣づけたいですね。
③カラダのバランスの崩れ
カラダのバランスが崩れてしまい、大腿四頭筋に負荷がかかる状態で生活してしまっていることによるもの。
足底筋の低下によって足底のアーチが落ちて足元のバランスが崩れてしまい、ももの筋肉でカバーしないといけない状態だったり、股関節が開いてしまい左右前後の体重のかかり方がアンバランスになってしまったことによるものだったり、なんらかの要因で大腿四頭筋に負荷がかかってしまう状態があるとオスグッドになりやすいです。
もうすでに痛み出している場合は施術が必要です。
まずはその原因から改善していきましょう。
過度な運動が原因であれば、まずスポーツをしばらくのあいだ控える。
カラダのバランスが崩れていたら、オスグッドに強い施術院などで指導を受けてそれを改善する。
ストレッチ不足に関しては、痛みが発症したあとのストレッチはむしろ悪化させる恐れがあるので自分の判断ではおこなわないほうがよい。
発症して、痛みが出ている場合は患部は炎症をおこしています。熱がそこに溜まっている状態なのアイシングをしましょう。つまり一時的に冷やして炎症を抑えてあげましょう。
痛みの強い時期や、どうしても運動をしなければいけないタイミングがきたときは筋肉のサポートをしてくれるテープを巻きましょう。
痛みが出る前であれば予防で対策していきましょう。
◎大腿四頭筋のストレッチ
◎足底筋の強化
オスグッドは基本的には骨端線の閉じる(成長の止まる)ハタチ頃には痛みが引きます。稀に残る人もいるようですが、ほとんどの場合この年齢になると引いていきます。オスグットはこの未成年に多く発症することが多いので、成長痛のように扱われていることがあります。しかし、実際は成人後でも発症するケースも多いので、本来は成長痛とは一線を画していると言うべきでしょう。それでも、学業とスポーツを両立せざるを得ない学生に症状ケースが多いのは明らかなので、日頃から不具合が深刻化しないようにメンテナンスして行くのが妥当だと言えます。大分市・大在・大在駅の健笑堂はりきゅう整骨院では、オスグットに関する施術もお客さまのライフスタイルを考慮して進めています。
大分市・大在・大在駅の健笑堂はりきゅう整骨院は、お客さまの症状チェックもしっかり行って施術を進めていますので的外れの施術を決して行うこともありません。

接骨院とは、柔道整復師という国家資格を有するスタッフがお客さまの怪我や不調に合わせて専門施術を行っている施設です。骨折や打撲、挫傷、脱臼などの怪我をはじめ、腰痛や膝痛、肩こりなど慢性的な不調に対しても適切な施術を行うことが可能です。怪我や不調を速やかに解消したい方は、ぜひ大在・鶴崎の実績№1の整骨院なら健笑堂へお越しください。

当接骨院では、スタッフ全員が柔道整復師の国家資格を有しておりますので、お客さまのお体にもっとも必要とされる専門施術を厳選して行うことができます。他の施術施設で不調がなかなか解消されずお困りではありませんか?お辛い症状をそのままにしておくと、回復が遅れてしまうケースもございます。大在・鶴崎の実績№1の整骨院なら健笑堂で、患部に本当に必要な施術を始めていきましょう。

当接骨院では、お客さまのお体に合わせた施術を行っていきます。保険外施術を強要するようなことはもちろんございませんし、お子さま連れの女性の方にも気兼ねなくご来院頂ける空間作りに取り組んでおります。婦人科系疾患の緩和や解消に効果的な鍼灸施術も行っておりますので、ぜひ大在・鶴崎の実績№1の整骨院なら健笑堂でお辛い症状をしっかり取り除いていきましょう。


オスグットのお客さんの症例報告です。

大分市Y様 10代男性
原因・・・サッカーでのオーバーユース
症状・・・両側の膝蓋腱の痛み 腫脹 熱感
施術法・・ネオテクトロン GP股関節矯正 膝関節矯正 ハイボルト テーピング
一週間後、熱感なくなり痛みの状態10→6
二週間後、一旦痛みの戻りがあるも熱感 腫脹ともに軽減。
一か月後、ハイボルト(回数券購入済み)を使用せず状態安定。
二か月後、痛みなし

ハイボルト回数券が余っていますが期限はないので、また何かあった時にお使いくださいね。
Y様完治までありがとうございました。

オスグッドのお悩みなら大在・鶴崎の実績№1の整骨院なら健笑堂まで

上記のような症状が気になっているのであれば、お早めに大在・鶴崎の実績№1の整骨院なら健笑堂までご相談ください。
オスグッドというのは、バスケットボールやサッカーを日常的に行う学生さんを中心に多く見られる症状です。
膝の脛骨が出っ張って痛んでしまうという骨軟骨炎です。

オスグッドになってしまう原因って何?

オスグッドになってしまう一番の原因と言えば、大腿四頭筋の緊張です。
大腿四島筋は、跳んだりしゃがんだりとスポーツする上で負担がかかりやすい筋肉です。この筋肉を過剰に使っていると筋肉が緊張して硬直状態になってしまいます。
筋肉が緊張した状態というのは、収縮して固くなってしまった状態です。

オスグッドになってしまったらどうすればいいの?

オスグッドになってしまうと、運動もしにくくて辛いですよね…。
特に何か大きな大会の前や大事な試合の前にオスグッドになってしまうと、選抜から降りなければいけなくなることも…
オスグッドになってしまったら、身近なことから対策することもできます。
どのようなことに気を付ければいいのでしょうか?

・運動を控える
・足底筋を鍛える
・ストレスをためない
・体のバランスを整える

大在・鶴崎の実績№1の整骨院なら健笑堂では、オスグッドを改善するためのセルフケアのアドバイスなども行っていきます。気になっている症状があれば、お早めにご来店してみてください。

動画で解説 オスグット