紹介する TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

スポーツ障害 | 腰痛・肩こり改善が得意 | 健笑堂はりきゅう整骨院 | 大在・鶴崎・大分市

お問い合わせはこちら

スポーツ障害

スポーツ障害のことなら大在・鶴崎の実績№1の整骨院なら健笑堂まで

上記のようなお悩みがあれば、ぜひ一度大在・鶴崎の実績№1の整骨院なら健笑堂までお気軽にご来院ください。スポーツといっても種類が豊富なので、どのスポーツをしているかによっても、出やすい症状は異なっています。 一般的なスポーツから特殊なスポーツまで、競技中に負ってしまった怪我や障害に関する事は、ぜひ大在・鶴崎の実績№1の整骨院なら健笑堂までお気軽にご相談ください。

スポーツ障害を負ってしまう原因とは?

体の使い過ぎが原因でスポーツ障害になってしまうことが多いです。 練習のし過ぎで体を酷使しているプレイヤーは、スポーツ障害になりやすいでしょう。 その分、対策が必要となります。

怪我しにくい体作りをしていきます

スポーツ障害が治っても、スポーツをしている時に再発する恐れがあります。 怪我しやすい人とそうでない人がいるように、体質によっても違ってきます。大在・鶴崎の実績№1の整骨院なら健笑堂では、怪我しにくい体作りにも対応しています。

もしスポーツ障害が引き起こされたら?

スポーツ障害を生じた場合、症状にもよりますが、基本的にはRICE処置を施します。
RICEとは休息(Rest)冷却(Ice)圧迫(Compression)挙上(Elevation)の略です。

休息(Rest)

患部を包帯などで固定し安静にさせます。

冷却(Ice)

患部を氷嚢などで冷やし組織の血管を収縮させ腫れや炎症を抑えます。

圧迫(Compression)

患部を包帯やサポーターなどで圧迫することにより内出血や腫れを抑えます。

挙上(Elevation)

患部を心臓より高く上げることにより重力を利用し腫れを抑えます。

また、関節可動制限がある場合はその関節を矯正することで、治癒期間の短縮が期待できます。
例えばテニス肘の場合、肘だけを診るのではなく肘関節と連動して動く背骨と肩甲帯(上腕骨、鎖骨、肩甲骨、肋骨)の関節可動制限を回復させることで、 より短期間に治癒することが多いです。

人の体は一見痛む部分だけが悪いように思われがちですが、関節、筋肉等、いろいろな部分でつながりがあり、連動して働いているのです。

スポーツ障害で最も大事なのは、無理なトレーニングをせず、自分の能力にあったトレーニングを行うこと。そして、異常を感じたら直ちに運動を中止し、整骨院、整形外科等を受診することです。

当院では、様々なスポーツ障害(野球肘・ランナー膝・シンスプリント等々)に対応しておりますので、お困りの方は、ぜひ一度ご相談ください。

お客様の症例紹介です。
N様 30代 男性 シンスプリント(すねの痛み)
原因・・・短期間の急激な運動量の増加、足部の変形(回内足、扁平足)が原因と考える。
症状・・・左右とも立位、歩く動作で痛みがあり、腫れも著明で患部に熱感・圧痛あり。
傷病名・・徒手検査、エコー検査にてシンスプリントと診断
施術法・・KS矯正、ネオテクトロン、ハイボルト、下腿部の筋緊張の除去、足関節矯正、テーピング固定
二回目
・左下腿部の痛みは消失、右下腿部は腫れ、熱感ともに減少。筋緊張軽減。歩行時痛残存。
三回目
・歩行時痛消失、腫れ、熱感ともに軽微。走行時痛ともに軽減。
六回目
・歩行時痛消失、腫れ、熱感消失、走行時痛ともに消失。
結果・・・痛めた日から毎週来院していただき、仕事もセーブしていただけたので短期間で回復することができました。
アイシング、テーピングご自身でもありがとうございました。
トレーニング頑張ってくださいね(^^)/
N様完治までありがとうございました!

動画で解説 スポーツ障害