紹介する TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

首・肩の痛み | 腰痛・肩こり改善が得意 | 健笑堂はりきゅう整骨院 | 大在・鶴崎・大分市

お問い合わせはこちら

首・肩の痛み

頭痛

施術前後の効果を実感できる接骨院をお探しの方は、ぜひ大在・鶴崎の実績№1の整骨院なら健笑堂へお越しください。

接骨院とは、柔道整復師という国家資格を有するスタッフがお客さまの怪我や不調に合わせて専門施術を行っている施設です。骨折や打撲、挫傷、脱臼などの怪我をはじめ、腰痛や膝痛、肩こりなど慢性的な不調に対しても適切な施術を行うことが可能です。怪我や不調を速やかに解消したい方は、ぜひ大在・鶴崎の実績№1の整骨院なら健笑堂へお越しください。

当接骨院では、スタッフ全員が柔道整復師の国家資格を有しておりますので、お客さまのお体にもっとも必要とされる専門施術を厳選して行うことができます。他の施術施設で不調がなかなか解消されずお困りではありませんか?お辛い症状をそのままにしておくと、回復が遅れてしまうケースもございます。大在・鶴崎の実績№1の整骨院なら健笑堂で、患部に本当に必要な施術を始めていきましょう。
生活の中で日常的に起こることの多い頭痛ですが、大変難しいことに病院に行って完治するとは限らないのが現状です。それは頭の痛みが疾病から来るものもありますが、実際は健康状態が良好であっても頻繁に引き起こされることも珍しくありません。その主な原因として、骨格のズレが大きく絡んでいることも多いでしょう。このズレは筋肉を長期的に圧迫して行きますので、血流の循環をかなり阻害することでしょう。大分市・鶴崎・大在の健笑堂はりきゅう整骨院では、頭の痛みをスッキリ改善いたします。
頭痛には大きく分けて病気から起こる症候性と慢性の痛みがあります。
●症候性頭痛●
なんらかの病気が原因となって起きる頭痛です。なかには脳腫瘍、くも膜下出血や脳梗塞などの脳血管障害などの病気によって起こるものもあります。命にかかわることもありますので、このような頭痛の場合はすぐに医療機関を受診することが必要です。慢性頭痛を持っている人は「いつもの頭痛」と思って我慢してしまいがちなので注意しましょう。
副鼻腔炎や髄膜炎、側頭動脈炎など、その他の全身の病気によって起こる頭痛もあります。
夏場だけでなく、冬場も脱水症状に気をつけましょう。
脱水症状で頭痛が起こる場合もあります。
●慢性頭痛●
脳自体に問題がないため、生活習慣、姿勢などを見直すことで改善が期待される
◯片頭痛◯
・拍動性(脈拍に合わせてズキンズキン)
・頭の片側が痛む(両側の場合もある)
・痛みのピークに吐き気がすることも
・前兆がある場合も 閃輝暗転(星がチカチカ)、視野が欠ける、生あくび、肩こり、首すじのはり
・身体を動かすと痛みが強くなる
<原因>
血管が拡張して周囲の神経が引っ張られて痛みが起きます。
血管が拡張するはっきりとした原因は解明させていませんが、
起こりやすいとされる要因は人それぞれ違うようです。
・睡眠不足など生活リズムの乱れ
・緊張状態から開放されてホッとしたとき
・雑踏・人ごみ
・熱いお風呂、サウナ
・月経(女性ホルモンの影響)
・アルコールや特定の食品
・休日のぐうたら・寝すぎ(過度のリラックス)  など
いずれも誘引から自律神経に影響して、血管の収縮・拡張のリズムが乱れて頭痛が起きると思われます。
<対処>
・予防
自分の痛みを誘う誘因を避ける
規則正しい生活をして自律神経の働きを整える
痛くなりそうな時に冷やして安静にする
予防薬
・痛くなったら
暗い静かな部屋で安静にする(光、音は避ける)
こめかみや痛む部分を冷やす
こめかみや痛む部分の血管を圧迫する
◯緊張型頭痛◯
<痛みの特徴>
・頭をギューッと締め付けられるような痛み、圧迫感、重い感じがいつからともなくはじまりダラダラ続く
・後頭部を中心に両側が痛くなる
・首や肩のコリや目の痛みを伴う
<原因>
筋肉が緊張することから痛みが起きます。
・ふだんの姿勢の悪さ
・首の骨などの骨格・体型の歪み
・首や肩のコリ、緊張
・目の疲れ、歯の噛み合わせ
・ストレスや精神的な緊張
<対処>
・予防
症状の予防・軽快のためには、原因となる筋肉の緊張を解消すること、起こさせないようにすることです。
姿勢を正しくする
骨格・体型の歪みを改善する
枕を正しく選ぶ
ストレスコントロール
・痛くなったら
入浴や、こっている部分をホットパックなどで温める
マッサージや指圧
ストレッチでこりをほぐす
◯群発頭痛◯
<痛みの特徴>
・慢性頭痛で最大級の強烈な痛み。目の奥がえぐられるよう、じっとしていられない
・決まった片側が痛む 特に目の奥が痛い
・持続時間は1~2時間 ある期間毎日のように決まった時間に起こる
・直前に目のかすみ、首のはりなどの前触れがある
・目の充血、涙目、鼻水などの自律神経症状を伴う
<原因>
原因はわかっていませんが、こめかみの血管拡張がおきているためといわれています。また流涙や鼻水の症状から自律神経から異常な命令が出ているためともいわれています。
アルコール、ニトログリセリンで誘発される場合があります。
<対処>
群発期を予測して予防薬を飲む
鎮痛剤
100%酸素吸入が有効な場合もある(市販の酸素スプレーでは代用できない)
群発期はアルコールを避ける
○頭部神経痛◯
頭部や顔面の末梢神経が痛む神経痛。ビリビリ、チクチク痛む
○低髄液圧性頭痛◯
髄液圧低下のために起こる頭痛。低血圧の人に多い。
○労作性頭痛◯
ある特定の動作によって頭痛が起こる。
血液の循環が肩の周りで滞りますと、酸素が頭に回りにくくなって頭痛を発症することが多くなります。肩のこり自体も血行を悪くしますが、やはり主要な原因と言えば骨の歪みに他ならないと言えるでしょう。よって、これを解消するだけで必要な酸素が日常的に頭部に供給されることになって、頭の痛みのない毎日を手に入れることができるようになります。大分市・鶴崎・大在の健笑堂はりきゅう整骨院は、頭痛の施術については長期的になりにくい体を構築しているのです。
大分市・鶴崎・大在の健笑堂はりきゅう整骨院は、型にハマった施術は決して行っていません。またはりきゅうもあります。お客さまの状況にマッチしたカスタマイズされた施術を行っています。  

当接骨院では、お客さまのお体に合わせた施術を行っていきます。保険外施術を強要するようなことはもちろんございませんし、お子さま連れの女性の方にも気兼ねなくご来院頂ける空間作りに取り組んでおります。婦人科系疾患の緩和や解消に効果的な鍼灸施術も行っておりますので、ぜひ大在・鶴崎の実績№1の整骨院なら健笑堂でお辛い症状をしっかり取り除いていきましょう。

頸部の痛みと共に頭痛をお持ちだった方の症例報告です。

大分市K様
原因・・・頸部、肩の炎症による痛み
病症名・・頸部捻挫、左肩関節捻挫
症状・・・頚肩部痛、片頭痛
施術法・・GP股関節矯正、ネオテクトロン、ハイボルト、鍼灸施術、頸椎矯正、運動療法レッドコード

一度目の施術後、肩甲骨の内側の痛みと硬結消失。頚部左回旋時にあった制限も軽減。
その後週に一度の通院頻度で、痛みを伴う凝り感の薄れと共に、吐き気を伴うような強めの頭痛は出現しないとのこと。
その都度での仕事などの疲れは出現するも、鎮痛薬を使う頻度は減っているとのことです。

S様 30代 男性

原因…ウェイトトレーニングで首を痛め、数日後頭痛が起こる

症状…後頭部の痛み、首を押さえると痛みが増える

施術法…GP股関節矯正、ネオテクトロン、頚椎矯正、鍼灸施術、アイシング

1日目施術後

・後頭部痛は消え、首の違和感残る

2日目施術後

・首の違和感も消える

1ヶ月後

・週に1回の施術で月に数回あった頭痛も消える

1ヶ月の体質改善、姿勢改善の施術でその後ずっと頭痛は出ていません。

S様完治までありがとうございました!

動画で解説 頭痛



四十肩、五十肩

施術前後の効果を実感できる接骨院をお探しの方は、ぜひ大在・鶴崎の実績№1の整骨院なら健笑堂へお越しください。

接骨院とは、柔道整復師という国家資格を有するスタッフがお客さまの怪我や不調に合わせて専門施術を行っている施設です。骨折や打撲、挫傷、脱臼などの怪我をはじめ、腰痛や膝痛、肩こりなど慢性的な不調に対しても適切な施術を行うことが可能です。怪我や不調を速やかに解消したい方は、ぜひ大在・鶴崎の実績№1の整骨院なら健笑堂へお越しください。仕事中に感じる肩の痛みですが、今では働き盛りのサラリーマンでも年齢に関係なく患うことがあるのでこれによって仕事の効率が大きく低下するのも間違いありません。これが中高年のサラリーマンになりますと、さらに症状が悪化して四十肩・五十肩と呼ばれるものを発症して行きます。こうなりますと、作業のために思い切って肩も振り回すことができず、かえって足手まといになりますので本人もショックが大きくなります。大分市・大在・大在駅の健笑堂はりきゅう整骨院では、そんなお客さまのために整体施術で肩の施術を進めていきます。

四十肩・五十肩は、症状の変化によって「急性期」と「慢性期」にわけられています。それぞれにどのような症状の違いがあるのかを解説していきます。必要な対策も異なるので、四十肩・五十肩に悩まされている方はしっかりと把握しておくとよいでしょう。
激しい痛みが特徴的な「急性期」
四十肩・五十肩は、腕を動かしたときなどに突然激しい痛みを感じて発症するのが一般的です。急性期とは、このように肩と腕の痛みが強い時期のこと。炎症がひどい時期でもあります。
とくに急性期は動かさなくても痛むことがあるほど、痛みに悩まされる時期と言えるでしょう。二の腕や手の先にまで痛みが伝わることや、しびれをともなうこともあります。
また、夜寝ているときに痛みが激しくなる「夜間痛」が特徴です。寝返りをうつだけでも痛むので、痛くて目が覚めてしまうケースもあります。
このような激しい痛みはほとんどの場合、数日で治まります。しかし、急性期の別名は「増悪期」といい、適切な処置をしないと痛みが続いてしまうおそれがあります。
急性期で重要なのは、安静にすることです。痛みが起こるような動きをしないように気をつけてください。この時期に無理をして肩を動かすと症状は悪化するばかりです。できれば重い物を持つことも控えましょう。
それから、急性期の痛みは炎症が原因の場合が多いので、冷やすと効果的です。保冷剤や氷を包んだタオルなどを使って、患部を冷やしましょう。冷やしても効果がみられないときには、あたためてください。
急性期のするどい痛みは、やがてにぶい痛みに変わり1~2か月ほどで慢性期にはいっていきます。
痛みは治まってくるが腕が上がらない「慢性期」
慢性期になると、痛みはだいぶ治まってきます。安静にしていれば、痛みをほとんど感じなくなるでしょう。しかし、油断は禁物です。無理に動かしたり急に動いたりすると激しい痛みをぶり返す可能性があるので注意してください。
急性期に起きた炎症の影響により、筋肉は収縮して硬くなっています。そのため、関節を動かせる範囲が狭まり、腕を動かしにくくなる時期が慢性期なのです。四十肩や五十肩で腕が上がらないと感じるときは、慢性期である場合が多いでしょう。
とくに、腕を上げる動きや後ろに回す動作ができなくなります。これは、「肩関節拘縮(こうしゅく)」と呼ばれる運動障害です。着替えや洗髪(結帯、結髪動作)がうまくできないなど、日常生活の動作に支障をきたすようになります。
慢性期にはいったら、肩の関節を適度に動かすようにしましょう。とはいえ、激しい運動や重い物を持つといった肩に負担となることは避けてください。痛みを感じるような動きは、まだ行ってはいけません。
必要なのは、痛みを感じない範囲で適度に肩を動かすことです。四十肩・五十肩に効果的な体操やストレッチを始めましょう。
肩関節拘縮が改善すると、少しずつ腕を動かせるようになってきます。症状がよくなっていくこの時期は「回復期」といい、とても大切な期間です。
慢性期は半年から1年ほど続くことが多いので、根気よく運動療法などを続けていきましょう。
このように、急性期と慢性期の症状は大きく異なるものです。施術も、症状が急速に進行する急性期と、症状が治まってくる慢性期にあわせて行っていきます。
健笑堂はりきゅう整骨院では、このような肩関節周囲の痛みのご相談も承っておりますので、この機会にぜひご相談ください。

この中高年を襲う四十肩・五十肩ですが、元々の原因は肩を動かす機会が減ることで上がらなくなることも大きなものの1つです。要は使えば使うほど機能を維持しますが、使わなくなればどんどん動かなくなることを意味します。中高年はどうしても運動量が減りますので、このような状況に陥りやすいと言えるでしょう。大分市・大在・大在駅の健笑堂はりきゅう整骨院は、四十肩・五十肩の原因の1つである肩の滑液胞内のシコリの摩擦を緩和するために、整体マッサージも併用して筋肉を和らげます。

大分市・大在・大在駅の健笑堂はりきゅう整骨院は医療機関との連携も頻繁に行っていますので、お客さまのために臨床の視点からも施術を進めることができます。週末土曜日も施術を行っていますのでぜひお気軽にご予約ください。

当接骨院では、スタッフ全員が柔道整復師の国家資格を有しておりますので、お客さまのお体にもっとも必要とされる専門施術を厳選して行うことができます。他の施術施設で不調がなかなか解消されずお困りではありませんか?お辛い症状をそのままにしておくと、回復が遅れてしまうケースもございます。大在・鶴崎の実績№1の整骨院なら健笑堂で、患部に本当に必要な施術を始めていきましょう。

当接骨院では、お客さまのお体に合わせた施術を行っていきます。保険外施術を強要するようなことはもちろんございませんし、お子さま連れの女性の方にも気兼ねなくご来院頂ける空間作りに取り組んでおります。婦人科系疾患の緩和や解消に効果的な鍼灸施術も行っておりますので、ぜひ大在・鶴崎の実績№1の整骨院なら健笑堂でお辛い症状をしっかり取り除いていきましょう。

四十肩、五十肩で来院された方の症例報告です。
大分市 S様 
原因・・・シートベルトを引く時にベルトが伸びずに無理な力が入り負傷。その後一か月放置し関節可動域狭小化。
症状・・・右肩拳上不能、夜間痛著明。
施術法・・GP股関節矯正、ネオテクトロン、肩関節ストレッチ療法、鍼灸施術
一か月後
・夜間痛消失、関節可動域改善(外転方向は制限残存)
二か月後
・関節可動域、外転も改善
仕事の合間をみて続けて来院して頂き、鍼灸施術も同時に行えたことで比較的早期に症状が改善しました。
S様完治までありがとうございました。

動画で解説 四十肩・五十肩